僕の意識の中にいつも「弁造さん」という人がいる。
今年で90歳。北海道の開拓時代の最後を生きてきて、
僕と同じ「今」を生きている。